電子ピアノ 引っ越し

電子ピアノの引っ越しを簡単に安くする方法

電子ピアノ 引っ越し

電子ピアノ 引越し

電子ピアノ 運ぶ

電子ピアノ 配送

 

電子ピアノ引っ越しのお困りを解決します!

 

電子ピアノは繊細かつ高級な楽器です。
そのためかピアノを運ぶのを断る引っ越し業者もあるほどです。

 

ピアノを運んでくれる業者は、ピアノ専門業者や大手の宅配業者もありますが、競争がないために費用は割高になります。

 

他の家財と同じ様に引っ越し業者に運んでもらいたい!とお考えでしたら、引っ越し業者一括見積もりサイトがオススメです。
電子ピアノだけを運んで欲しいという依頼でも、見積もりすることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

電子ピアノを運んでくれる引っ越し業者を簡単に見つけることができます。

 

しかも、一度の入力であなたのお住いの地域にある複数の引っ越し業者からの見積もりが可能です。

 

相場はもちろん、1番安い業者を探すのも簡単です。

 

ぜひご活用くださいね。

 

引越しの見積もりはこちら

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しのオプションとは?

 

電子ピアノ 引っ越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものです。
ではこの「オプション費用」とは具体的にどんなものでしょうか?

 

引越し費用のオプションは次のような有料のサービスのことです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

依頼の多いエアコンの移設ですが、これはまず素人には出来ません。
コンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているためです。

 

しかしエアコンを自分で購入して部屋に設置した人であれば、新居にも持って行きたいと思います。
だけど自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置するのはすごく面倒ですね。

 

引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

運転が苦にならない方は、車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれませんが、東京から九州などの遠距離を1人で運ばなければならない場合もあります。
車を自分で陸送するには、時間に余裕があって、運転が苦じゃなくて、体力に自信がないとできません。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
大手のようにピアノ専門の部署があれば、引越し業者であってもピアノを運ぶことが出来ます。

 

一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるのでとても便利です。

 

 

引越し業者の繁忙期と費用

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期というものがあります。
繁忙期は2月の終わりから4月の始めまでで、この時期は1年で最も引越しする人の数が多くなる時期です。
繁忙期には、電子ピアノを運びたいと思っても費用が高めなのでできればこの時期は避けた方が良いです。

 

日本は4月に新学期を迎えます。
新学期に向けて新大学生や新社会人が新しい生活の場所に移動します。

 

全国的な現象ですから、日本中の引越し業者が3月前後は忙しくなるのです。

 

そして期間限定の臨時スタッフを雇ったり、残業をして何とかこなしているものなので、人件費が他の月よりもかかります。
総じて引越し業者の費用がアップする時期なのです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと便利です。

 

引越しにはすることが多いので、先におおまかな手順を知っておくのがオススメです。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

引越しすることが確実になったら、管理会社に退去することを伝えて下さい。
次の入居者を募る準備には時間がかかるからです。

 

引越し業者への見積もりですが、新居が決まってからでないと費用が計算できません。
見積もりのタイミングとしては、新居が決まったらすぐがオススメです。

 

引越し業者からの見積もりを比較して、一番良いと思った業者と契約もしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので、早めに取り掛かってください。
荷造りも普段は使わないものからどんどんダンボールに詰めて下さいね。

 

役所関係の書類、インフラの停止や精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、家財の配置を指示してください。あらかじめ決めて紙に書き出しておくと便利です。
貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理したほうが安心です。

 

引越ししたら合間を見て、ご近所へ挨拶に行きます。当日が理想的ですが、時間が遅くなった場合は翌日にしましょう。
転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更します。

 

 

エレクトーン 運送 タンス 移動 冷蔵庫 配達