電子ピアノ 引っ越し 天候

引越しと天候

引越し 天候

 

引越しの日は晴天、もしくは曇がいいなぁと思われるかもしれません。
しかし雨の多い日本、雨の中での引越しになる可能性も高いです。

 

しかも最近の日本では夏場は大型の台風、冬場は記録的な大雪などで道路が寸断したり、何日も大渋滞したりするニュースが増えたように感じます。

 

もし最悪の天候になって、引越し当日にこれらの自然災害が当たったらどうするのでしょう?

 

梅雨や秋雨の時期はどうしても長雨になることが多いので、引越し業者は雨の引越しも慣れています。
雨を理由に延期や中止になることはまずありません。

 

家財には専用のカバーをかけたり、荷物が濡れてもこまめに拭いたり、家の中に防水シートを敷いたり、靴下の替えを多く持っていくなど出来る限りの雨対策をするそうです。

 

しかし大型台風や記録的大雪の時は、依頼者やスタッフの命にかかわる問題なので中止や延期もありえます。
ですから引越し日の1週間前くらいからは、、週間天気予報で台風や大雪の情報をチェックしましょう。

 

もし引越し当日に進路予想が現住所や新居を通過する予定なら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議する必要があります。
時間の変更、延期、中止、様子を見て決行など、対応は様々ですが、どちらかの意見では決められません。

 

引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることもあるので、余裕を持って連絡を入れておきましょう。